やっし~の挑戦! レポート到着★

d0094158_20484725.jpg



U2もサポートして応援している
moto1チャンピオン「ヤッシー」こと松本康君からレースレポートが届きましたので、
貴重な生の声をお届けしましょう!!



U2vsCORECULTURE様 

お世話になっております。
スーパーモタードでサポートして頂いている、CPsports 松本 康です。
遅くなりましたが、先日行われたスーパーモタード全日本・オールスター第1戦の報
告をいたします。



moto2

CP sportsからこのクラスはミッキー(昨年ランキング12位)と
松本和資(昨年関東エリアチャンピオン)が参加

朝フリー走行から雨に見舞われダートセクションが1部カットされての開催になりま
した。
ここで2人とも最終的なマシン状態とコースを確認し走行終了、特別なセッティング
を施し
タイムアタックにコースインします、この時間前半はサス・タイヤなど決まった松本
が トップタイムをマークしていましたが、後半には水庫選手に逆転され2番手タイム
で、ミッキーは 4番手でアタック終了。

予選では2人ともA組にて出走、松本は順当に周回しそのまま2番手でチェッカー
ミッキーは不利なイン側スタートで第1コーナーで大きく後退、8番手でチェッカー。


決勝はポールの佐々木がレースを引っ張る形で始まりましたが、その中で松本がジャ
ンプスタート の裁定が下りピットインペナルティーに、他のトップグルーブは激し
い争いと悪コンディションで、 転倒が続出します。
ミッキーは激しい雨と泥で視界を妨げられペースを上げられず11位でチェッカー
松本はペナルティストップ後追い上げ10位でチェッカー。

moto1

このクラスには松本康(昨年度チャンピオン)と井原(昨年ランキング7位)が参加

フリー走行はレインコンディションですのでコースとマシンの情報収集に務め、時間
終了後 選手と詳細にミーティング。
タイムアタックには雨専用セッティングを施しコースイン。

ここでは松本がA組井原がB組で、2人ともトップタイムをマークしての時間終了
CP sportsがA・B組共にポールポジション獲得。

予選ヒートA組は松本がトップでスタートしましたが一旦森田選手に抜かれ2番手にな
るも 森田選手転倒、松本は危うく回避し2番手以降に大きなアドバンテージを築いて
トップチェッカー 予選ヒートB組は井原がスタートから飛ばして2位星野以降を順調
に離していく展開に・・・
しかしジャンプスタートの裁定でピットストップペナルティが課せられ大きく順位を
下げる
その後追い上げて5位に上がった時点でチェッカーを受ける。

決勝はスタートで星野選手に前に出られ松本が2番手で始まりました、井原は最初の
ダートセクション で接触を避けて転倒、グリップが泥で滑りアクセルが開かない状
態なりピットイン修復し再スタート するも完全最下位。
トップは星野と松本の2台で3番手以降をどんどん離して行き、2台だけのマッチ
レースの展開
松本はトップ星野にぴったり付いて中番まで様子を覗います、終盤スピードに勝る松
本は1コーナー で何度も並びかけるが無理をせず、残り2周1コーナーでぴったり
付き3コーナーの入り口でインを 奪い抜くと、そのまま引き離しトップでチェッ
カー。

皆様のおかげで良い開幕戦を迎えられました。
大事な開幕戦で優勝ができました。
それから、他の選手も好材料を得ることができました。
CP sports一同感謝しております
この後も努力してレースに臨んで行きますので応援をよろしくお願いします。


以上チーム報告です。

それと、この開幕戦前に出場した、4/15日 アメリカ ネバダ州 ステートライ
ン スーパーモトチャレンジ でのレース結果のご報告致します。

結果 プロオープンクラス 16位 決勝グリッド32台 予選27位 

シリーズ戦ではないこのレースは、スタートグリッドがエントリー順となり、エント
リーが遅かった僕は最下位から追い上げるレースとなりました。

プラクティスでは、YAMAHAワークスチームのセカンドライダーを引き離す好調ぶりを
見せることが出来ました。
続く予選では最下位からのスタートの上、アメリカスタイルのコーナー侵入時にマシ
ンとマシンを接触させ押し出して抜く、というテクニックにとまどい予選落ち

ラストチャンスではフロントローからのスタート、スタートからチェッカーまで変わ
らず3位でゴール

決勝では27番グリッドからのスタート、アメリカの、狭く、スピードの出ないコー
スにもようやく慣れ始め、押し出して抜くというテクニックもまだまだ未熟ながらも
駆使して、ようやく16位という結果でした。

総評
X-GAMEの為の自己アピールと自分の実力の確認として行った今回のレースでした
が、全体的なスピード自体ではさほど差はなく、現地でのレース活動をもう数回行え
ば、充分通用すると思えました。

X-GAMEへのアピールは正直充分だったとは言えない16位という結果でしたが、今後
もそれに繋げて行けるように活動を続けます。

色々とご協力と応援して頂き、本当にありがとうございます。


今後もよろしくお願い致します!!




*****************************************
松本 康  まつもと やすし
by U2CC | 2007-05-02 20:53 | バイク


<< いかが ご~るでんうい~く >>